キッチンスクレーパーが1つあるととても便利

キッチンアイテム

さて、過去に書いた記事の中から、最近検索された実績のある単語に絞って復旧を急ぎたい。「キッチンスクレーパー」の検索履歴があったので、本記事ではそれについて言及していこう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

油汚れのある食器をどうやって洗ってますか?

しつこい油汚れに

テレビCMなどでは、割と「油汚れに」という謳い文句で洗剤を宣伝している。

個人的にはJOYの泡タイプなんかがオススメなのだけれど、食器の上に残った食べ物のカスなど、食器を洗うのにはなかなか手間になるような状態も結構ある。

カレーなんかはその典型で、残さず食べて貰っても、食器の色が変色してしまうようなこともあって、「作るのは良いけど、後片付けがねぇ」という人も多いと思うのだ。

そういう場合にはキッチンペーパー、キッチンタオルというような紙製品でさっと一拭きしてそれから洗う、という人も多いだろう。

でも、「さっと一拭き」出来ないことの方が多いんじゃ無いかな?僕は少なくともそうだ。頑固な汚れは、キッチンペーパーを何枚も使って拭く羽目になるのである。

スクレーパーで掻き出せ!

そういう時に便利なのがキッチンスクレーパーである。

我が家で2代にわたって活躍しているのが、マーナの製品で、ペンギンなのか小鳥なのかで物議を醸している(我が家限定)が、とにかく、「さっと一拭き」が実現出来るアイテムとして重宝する。

このスクレーパーで、食べカスなどを掻き落として、キッチンペーパーでさっと一拭きした後に、洗剤を付けたスポンジで洗うという流れで、随分とキレイになる。

割とこの一手間が、文章にすると面倒に感じるのだが、実際にやってみるとそうでも無いことが分かる。特に、肉料理の後の脂汚れなどは、キッチンペーパーではとてもやっていられないので、キッチンスクレーパーが役に立つのだ。

こんな感じになるのだが、いかがだろうか?

商品自体は結構安いものなので、是非とも使ってみて欲しい。

欺されたと思って1つ用意しておけば、絶対に役に立つこと請け合いである。

……とはいっても、我が家では僕と娘しか使っていなくて、妻は「面倒」の一言で使ってはくれないんだけどね。

欺されたと思って!

スパチュラとは用途が異なる

ちなみに、これに似たアイテムとしてスパチュラがある。

お菓子作りをする人であれば、間違い無く持って居ると思うのだが、このスパチュラも基本的には「混ぜる」「掻き出す」という役割で使うものである。

ただ、お菓子作りにつかって、例えばホイップクリームを泡立てて、それをケーキに塗るなんていう用途に使っているスパチュラを、食器洗いに使うのはちょっと気が引ける。

こんな感じて使えるアイテムなんだけれども、大きさによっても用途は違う。

これはこれで便利なアイテムなのだけれど、食器洗いに使う為には柄が無い方が使い易いんだよね。

お菓子作りにも

なお、このスクレーパーだが形によってはお菓子作りに使われるものもある。もちろん、食器洗いにも使えることは使えるんだけど。

どんな用途かというと、やっぱり写真で紹介する方が説得力があるよね。

混ぜたり潰したり、といった用途で使われるのが一般的らしく、この他にもまな板の上に散らばった、切った野菜などをかき集めるなんて用途にも使われるようだ。

何種類か持っておくと便利

そんな訳で、キッチンスクレーパーといっても幾つか種類がある事がおわかり頂けると思うが、僕は特に食器洗い用の用途のものをオススメしたい。

洗いもの使うので、定期的に購入し直す必要があるが、1つ用意しておくと非常に便利である。

僕は、鍋を洗うときなんかにも使っていて、角が丸くなっているタイプを愛用している。

幾つか種類を用意しておくと更に便利に使えると思うので、この際、手に取ってみて、実際に使ってみて欲しい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました