Amazon BigSaleで何を買う?

ニュース

前回のプライムデーの時にも記事を書いたのだが、今回は「Amazonブラックフライデー&サイバーマンデー」というイベントが明日から、というタイミングで迫っている。

前回もオススメしたが、取り敢えずタブレットと言うことであれば、Fireタブレットはなかなか優秀である。ただし、使用シーンは限定されるのだけれど。

スポンサーリンク
カテゴリ別人気記事
<カテゴリ別人気記事>
スポンサーリンク

何がお得になるのか

取り敢えずはAmazon Fireタブレットを買う?

どこがFireタブレットの強みなのか?というのは前回紹介しているので、簡単に言及することにするのだけれど、ザックリ言うと、Amazonの商品を買ったり、Amazonプライムの音楽や映像を楽しんだり、キンドルで書籍を楽しんだりという事をしている方なら是非ともオススメできる商品だ。

そういう目的を考えると8インチ、或いは持ち運びを犠牲にして10インチを選ぶというような選択肢になる。

でも、逆に、アプリをガンガン使いたいんだ!ということであれば、Google Playが利用できない(条件付きで利用可能である)というデメリットと、CPUのパワーやらメモリの問題でそれほどアプリがサクサク動くという環境を期待できないので、別の選択肢を選ぶべきだろう。

断然オススメなのは、iPadだが、Androidタブレットが欲しいと言う方はなかなか選択肢に困る。支那製のタブレットはほとんど期待できないので(性能的にはかなり高い)、そうなると選ぶべきタブレットはほぼ壊滅という状況だ。困ったものだね。

Fire TV Stickは外せない

もちろんFire TV Stickは外せない。

コチラでも紹介しているが、我が家ではとにかく使い倒されている。

3つ程選択肢があるが、僕はFire TV Stick(一番安い奴)で良いと思っている。4Kのヤツは正直、対応しているテレビがなければ必要無いんじゃないのかな?と、思う。

なお、Fire TV Stickは新しくなって、CPUパワーなど強化されているので、気になる方は更新されるのも良いかも知れない。処理速度に影響してくる話だからね。

テレビの方が対応しているのであれば、4K対応のタイプを選ぶ方が満足できるだろう。

モバイルバッテリーは定期的に交換を

あとは、モバイルバッテリーかな。

購入バッテリーから出火 自宅火災の男性がアマゾン提訴 「出品審査義務果たさず」

毎日新聞2020年10月29日 19時51分(最終更新 10月29日 19時51分)

インターネット通販大手アマゾンを利用し、中国の業者から購入したバッテリーが発火して自宅が燃えたのはアマゾン側が販売業者や商品の審査を怠ったためとして、宇都宮市の会社員、加藤尚徳(なおのり)さん(34)が29日、アマゾンの米国本社と日本法人に30万円の損害賠償を求めて東京地裁に提訴した。

毎日新聞」より

こんなニュースがあって、訴訟を起こした人は購入して5ヶ月で出火してしまうという話で不幸な事だとは思うが、これはAmazonを訴えるには筋が悪い。PL法に基づいた訴訟を起こすべきで、日本に代理店の存在しないようなメーカーの商品を選ぶというのは、かなりリスクが高い。

なお、モバイルバッテリーから出火する話に関してはコチラでも触れているので参考にして欲しい。

大切なのは、信頼のおけるメーカーから購入することと、古いモバイルバッテリーの利用を継続しないことである。モバイルバッテリーといえばAnker製品が有名だが、今回は最大50%OFFだという報道を出しているので、狙い目かも知れない。

Anker、「Amazonブラックフライデー&サイバーマンデー」で最大50%OFF

2020年11月25日 09:00

アンカー・ジャパンは、11月27日9時から12月1日23時59分までAmazon.co.jpにて開催される5日間の「Amazon ブラックフライデー&サイバーマンデー」で、チャージング関連製品や家電製品、オーディオ製品など160製品以上を最大50%OFFにて販売する。

「家電Watch」より

どれが安くなるのかはよく分からないけれど。

Amazon製品は割安に買える可能性が

色々な情報が出ているが、とりあえず、恒例のAmazon製品は値引きされる可能性が高いと思われる。

Anker、「Amazonブラックフライデー&サイバーマンデー」で最大50%OFF - 家電 Watch
アンカー・ジャパンは、11月27日9時から12月1日23時59分までAmazon.co.jpにて開催される5日間の「Amazon ブラックフライデー&サイバーマンデー」で、チャージング関連製品や家電製品、オーディオ製品など160製品以上を最大50%OFFにて販売する。

こちらの記事にもその様な事が言及されているが、いつものことなので特に驚きはない。

マイクロSDカードもこれを機に

スマホの性能が上がったことと、集積化の技術が向上したこともあってマイクロSDカードも随分値段が下がっている。

こちらでも言及しているのだけれど、割安感があるのは128GBくらいだろうか。64GBであれば千円以下で買えるような時代である。

こちらも安くなる可能性があるので、チェックしておくと良いかも知れない。案外、SDカードを使うシーンは多いのだ。

Wi-Fiルーターを見直そう

さて、これも別記事で言及しているのだが、モバイルアイテムを会的に使う為にはWi-Fiルーターの見直しもしておいた方が良い。

どの辺りがオススメか?という点に関しては、その時々によって違うので、この記事がそのまま参考になるかどうかというのは微妙だけれども、人気があるのはバッファロー製品だね。

信頼性を考えるとNECの製品やらヤマハの製品なのだが、結構お高いのと、最新の機能を搭載してくるサイクルがちょっと遅い印象があるので、バッファロー製品かIOデータ製品あたりが良いかなと思う。

通信速度が出る規格は次々と出ているので、タイミングを見て買い替えると快適に使えると思う。実際、事務所で使っているWi-Fiルーターを買い替えたが、驚くほど安定化し高速に使える様になった。

以上、参考にして貰えると嬉しい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました