AmazonのFireタブレットはおすすめタブレットなのか?

モバイルアイテム

さて、昨日は割と雑な記事で終わってしまったのだが、プライムデーの最中で大急ぎで記事を書いたこともあって、仕方があるまい。

ただし、昨日の記事を読み返してみて、Fireタブレット 8インチのオススメ理由が弱いと感じたので、本日はその辺りを補足ていきたいと思う。

スポンサーリンク
カテゴリ別人気記事
<カテゴリ別人気記事>
スポンサーリンク

車載用のデバイスとしてはオススメ

Fire HD 8 タブレット

昨日もオススメしていたFire HD8 タブレットなのだが、何故、これをオススメしているのか?というと、ひとえに車載用のデバイスとしてかなり優秀という理由からである。

コチラでどのように車載して使っているかは説明しているのだが、メリットが出る前提として2つのポイントがあるので紹介しておきたい。

  1. Amazonプライム会員であること
  2. Amazonプライムビデオのユーザーであること

この2点だ。

Fireタブレットは全般的にAmazon特化型であり、タブレットとして優秀というわけではない。寧ろ、最新のアイテムであっても旧世代のコアを積んでいる状況であり、つ買っているスマホなどと比べると圧倒的にパフォーマンスが落ちてしまう。

最新型のFire HD 8であっても、2.0GHzクアッドコアプロセッサと2GBのRAMを採用とあるが、タブレットの性能としてはションボリである。

さらに、その強化版のFire HD 8 Plusというアイテムもあるが、クアッドコアプロセッサ、3GB RAM搭載となっていて、RAMの増強が図られてはいる。ただ、これでも1世代前という感じは否めない。

8インチタブレットは絶滅危惧種

とはいえ、その対抗馬となるべきタブレットとなると、コイツらくらいしかない。

正直、今からファーウェイのタブレットに手を出すのは鬼門だ。確かに性能は良いし、それなりの品質なのでコストパフォーマンスとしては良く映るのだが、色々な事情があってChina製タブレット、スマホはもはやGoogleエコシステムを使うことは叶わない。

Google Playの使えないAndroid TABに未来など無いのである。もちろんファーウェイが提供するエコシステムを使えばソフトウェアダウンロードは可能だが、ユーザー数とのバランスもあって日本語対応などは望めない。国内の有名タイトルのゲームなどをやろうと考えても、絶望的なのだ。

そういう意味でももはや8インチタブレットは絶滅危惧種なのである。

実のところ8インチタブレットは何をするにも中途半端な印象を受けるので、車載のメディアとして使うのであればむしろ10インチの方が使い易い。もちろんPCの代わりとして使う目的でもやっぱり10インチ以上ある方が便利である。

個人的には10インチもあると、大きくて邪魔としか思えないのだが、しかし、映像を見るという観点ならば大きい方が良いだろう。

タブレットとしては、もはやiPad一択

そういう意味では、iPadは絶対的な地位を獲得したと言って良いだろう。

今は第8世代のiPadを買わない理由は見当たらない。

【山口真弘の電子書籍タッチアンドトライ】 CPUが強化された34,800円の第8世代「iPad」の使用感をチェック
 Appleの「iPad(第8世代)」は、10.2型のiOSタブレットだ。iPadファミリーのなかでエントリーモデルにあたる製品で、従来モデルの外見や基本スペックを踏襲しつつ、CPUの強化が図られている。

よっぽどのアンチApple信者でなければタブレットとしてはコチラをオススメである。

では何故敢えてFireタブレット?

そんな訳で、タブレットとして買うのであればiPadかiPad miniを激しくオススメしたいが、殊、車載用のデバイスということであれば、Fire HD 8 タブレット(もちろんFire HD 8 Plusでも可)をオススメである。

何故か?それはAmazon特化デバイスだからだ。

従って、前提としてあげた2点、特にAmazonプライムビデオを愛用している方であれば、買わない理由はない。

タブレットとして微妙なのは、その性能だけではなく、ファーウェイ製品のところでも言及したがGoogle Play利用に難がある点も同じだ。その上で、性能的には他のタブレットと比較しても一段落ちるのだから、タブレットとしての利用にはストレスを感じてしまうだろう。

しかし、そもそも8インチタブレットの用途となると、ブラウジングに使うかマンガを読むか小説を読むか程度の利用用途にしか向かない。そして、持ち運ぶ前提であるので、そこそこ軽くて落としてもあまりダメージを心配しなくて良いガジェットとしての用途なのだ。

そうやって割り切って使えるのであれば、Fire HD 8 タブレットは実に優秀なのである。プレミアムビデオの映画を保存して鑑賞する、車載用のデバイスとしてはちょうど良いんだな。なんたって安いしね!

つまり、Fire HD 8 タブレットはAmazonデバイスとして消費していく目的には非常に優秀なのである。

スピーカーは用意したい

Fire HD 8 タブレットはスピーカー性能も微妙

そうそう、音質に関して言うとAmazon Fire HD 8 タブレットは残念な部分が多い。

映像品質に関しては、高精細なことを求められるシーンでは物足りないけれども、暇つぶしに映像を鑑賞するレベルであれば十分だ。

しかし車内環境というのは意外に音響にとっては過酷な環境である事もあって、HD 8 タブレットの音を頼りにするのは少々頼りない。本体がプラスチック製というのも関係しているのだろうね。

そういうワケで、Bluetooth対応スピーカーと接続するのは必須だ。当然、遅延はあるのでゲームなどをやる場合には悪手になるが、車載用であれば特に気になるほど遅れることもなく使える。

そんな訳で、上の条件を満たした上で、「割り切って使えればオススメ」というアイテムだね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました