iPadの風呂蓋タイプカバーを買った

モバイルアイテム

スマホに限らずタブレットにもカバーがあった方が嬉しい訳で。今回は同じ製品を2つ買ったので、カバーで区別することにした。

え?色違いを買うべきだった?そりゃその通りなんだけど。

さて、iPadの設定に苦労しているのだけれど、「後編」の方は検証が終わっていないので後日にすることにして、カバーの方は急務なので買うことに。

で、iPadのカバーと言えば、例の風呂蓋カバーである。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

iPad用風呂蓋カバー

自立させることが出来る

こんな感じのカバーが、Apple純正のカバーとして紹介されている。

純正品の価格は5,800円という風に表示されている。

この通称「風呂蓋カバー」の何が優れているかというと、本体の保護をすることもさることながら、自立させることが出来るという点が良いと思う。

こんな感じに自立させることが出来る。

画面をタッチして使う場合には、後ろに倒れてしまうこともあるのだけれど、単に映像を見るだけということであれば、これで十分使える。

寝せて使いたい場合には、こんな感じにもなる。

こんな感じだ。

少し角度が付いていると案外使いやすい。

ちなみに僕が持っているファーウェイのタブレット用のカバーもこれをまねして似たような形になっている。

……あれはちょっと使いにくい。

さておき、風呂蓋カバーは優秀ではある。

ただ、純正品はモノは良いがお高いので、お試しのつもりで「よく似た安いもの」を買うのもアリだ。品質はかなり落ちるが、消耗品なので割り切れば良いだろう。

ペンホルダー付きもある

で、iPadといえばApple Pencilである。

なお、似たような製品はいくつもあるが、アップルペンシルとただのタッチペンでは全く別物といって良いほどの性能差と価格差があるので、よく似たまがい物を買うと後悔する。

……のだが、このApple PencilはiPadの中でも、特定のものしか対応していないので注意して欲しい。

第1世代Apple Pencil互換

  • iPad Air(第3世代)
  • iPad(第7世代)
  • iPad mini(第5世代)
  • iPad Pro(10.5インチ)
  • iPad Pro(12.9インチ)(第2世代)
  • iPad Pro(12.9インチ)(第1世代)
  • iPad Pro(9.7インチ)
  • iPad(第6世代)

公式サイトには、第1世代のApple Pencilと互換性のあるモノは左の8つだけとしている。

ところが第2世代のApple Pencilは互換性のない製品が多い。

だから、間違って買うと大変なことになる。

第2世代Apple Pencil互換

  • iPad Pro(12.9インチ)(第4世代)
  • iPad Pro(11インチ)(第2世代)
  • iPad Pro(11インチ)(第1世代)
  • iPad Pro(12.9インチ)(第3世代)

性能も色々違う。

この辺りの対応はよくよく注意して購入することをお勧めしたい。

で、Apple Pencilで何が出来るのか?というと、筆圧感知と傾き感知機能が付いているので、楽しくお絵かきが出来るということになる。

第2世代Apple Pencilは、iPad Proに磁石で吸着して自動的に充電やペアリングが出来る仕様になっている。やれることは随分と違う。

で、純正品と「似た」別物の製品は出来ることが全く違うので、ご注意を。

おっと、話が逸れてしまったが、このタッチペン、或いはアップルペンシルを使うつもりがあるのであれば、カバーにペンが入る構造のタイプのものを選ぶと良いんじゃないかな。

キーボード付きのものも

さて、更にキーボード付きのモノもあるので、そういったカバーを選ぶのも良いだろう。

ただまあ、個人的には別にキーボードを買った方が良いんじゃないか?とは思っている。

カバーの幅に収まるようにキーボードが設計されるので、結構使いにくいレイアウトになりがちだし、キーボード単体の場合は折りたたみできるタイプもあるので、色々と試すことも可能だ。

キーボードは「いつも必要」というシロモノではないのだ。

その辺りを考えて買うことをオススメしたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました