ミラーレス機ならSony製?EOS信者には辛い選択

家電製品

このブログでカメラについて触れるのは初めてかな?我が家にはEOS Kiss X9がいるのだけれど、なかなか使い勝手は良い。でも、持ち歩くにはちょっと大きくて辛いんだよねぇ。

そんな訳で、時々EOSの新モデルなどにも気にしているのだけれど、いつの間にかX10が出てたよ。

最近は、動画に振った機能が充実しているようだね。もちろんX9でも動画を撮るのには苦労しない。

スポンサーリンク
カテゴリ別人気記事
<カテゴリ別人気記事>

時代はミラーレス

フルサイズミラーレス EOS R6

ところで、軽いカメラというとミラーレスの方に軍配が上がる。そして、最近出たのがR6だ。なんと、フルサイズである。

まあまあお値段の設定的に納得の機能が付いているわけだが、買ったワケでは無いのでレビューはこちらなどを参考にして欲しい。

Canon EOS R6実写レビュー。次元の違いを感じる圧倒的な完成度を叶えた最新ミラーレス一眼カメラ - Rentio PRESS[レンティオプレス]
一世を風靡した最新ミラーレス一眼「EOS R5」の発売から1ヵ月。キヤノンは立て続けにミラーレス一眼市場における存在感を示すために新製品となる「EOS R6」を発売しました。EOS R6は、EOS R5と同時に発表されたモデルですが、キヤノンの行方を占うと言っても過言ではないほど重要なモデルです。

機能的にはEOS R5の廉価版という位置づけらしいのだが、殆ど遜色ない気がする。

廉価版のMシリーズ

さて、ミラーレスも廉価版としてKISSシリーズがある。

MとM2と出ていて、お値段はM2の方が高いのだが……、M2を選ぶのであれば、コチラもアリかな。

M6 Mark IIというグレードである。これはEOS M6の後継機で、各段に進歩した印象がある。

ミラーレスの何が良いかというと、小さいし軽いんだよね。レンズも小さくて済むし。

Sony αシリーズ

ところがデスヨ、EOS教の信者といえど、ミラーレスというとSonyの存在を気にしないというのはダメなんだよねぇ。

寧ろ、評判的にはCANONよりSonyの方がミラーレスの分野では評判が良いんだよね。

何というか、α6000シリーズでどれをチョイスしてもEOS Mシリーズの同クラスに引けをとらないというか勝っている印象である。

お得感が強いのがα6400で、まあ、小型で高性能というエントリークラスには勿体ない性能である。レビューはコチラを参考に。

SONY α6400実写レビュー。上級機に匹敵するAF性能や新機能を実際に使って徹底解剖 - Rentio PRESS[レンティオプレス]
2019年最初のミラーレス一眼カメラとして2月22日に発売されたSONY α6400。ソニーではα7シリーズなど、フルサイズセンサーを搭載した高級ミラーレス一眼カメラの開発を積極的に進めており、α6000番台シリーズであるAPS-Cセンサーを搭載したエントリーモデルの開発はここ数年停滞しているところでした。今回ご紹介す...

何れにしてもミラーレスを選ぶのであれば、今までのレンズ資産は活かせない。もともと「資産」と呼べる程レンズを持っていないので、どうと言うことは無いのだけれど、Mシリーズを買うのにしてもレンズは新たに買う必要がある。ならばαシリーズもアリだろうということに。

ただ、EOSの方が絵は好みなんだよね。この辺りはカメラ趣味の方の拘りになるんだろうけれど。

それでもSonyのαの魅力は非常に高いものだと思う。

あー、どうしようかなぁ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました