Anywhere3の使用レポート

マウス&キーボード

Anywhere2が壊れたので、Anywhere3を買うぜ!と書いたのは昨日だったのだが、流石、Amazonである。やたらと納品が早い。

早速にAnywhere3が届いた。

あ、こちらは昨日の記事だね。

スポンサーリンク
カテゴリ別人気記事
<カテゴリ別人気記事>

使い勝手は良い

Anywhere2とAnywhere3の違い

先ずは見た目的なところから比べていこう。

サイズと重量には若干の違いがある。

Anywhere2Anywhere3
マウス本体サイズ (横x奥行x高さ)cm10.03×6.16×3.4410.05×6.5×3.44
マウス重量(g) *電池含む10699
総ボタン数 (チルト機能含む)76

大きさは僅かにAnywhere3の方が大きくなっているが、重量は軽くなっている。そして、ボタン数が減っているね。

マウスが軽くなったことは割と良いことだと思う。持った感じも良好だ。質感はちょっと上がったのではないだろうか。

FlOWは相変わらず便利

このマウスを選んだ最大の理由は、FlOWという機能を持っているというものだ。

最大3つの機器に登録ができ、機器を跨いでマウスのカーソルが移動する事ができる。1つのキーボードとマウスで最大3つの機器で共有できるため、複数のPCを使っている僕にとっては都合が良いのである。

この辺りはAnywhere2もAnywhere3も大差無い感じだね。

後はマウスのスクロールがよりスムーズになったというところなのだが……。「MagSpeed電磁気スクロールホイール搭載」の恩恵は、僕は特に感じなかった。確かにくるくる良く回るのだが、そんなに激しくスクロールさせる仕事をしないのである。

この辺りの感覚は人によるのだろうね。

ただ、注意して欲しい事がある。実は、PCの仕様によって、ロジクールのアプリが使えないケースがある。

こういうアプリが使えて、FLOWはコイツをインストールしていないと使えないのである。

ところが、新開発のOptions+の方はPCによっ手は使えない事態になることが判明。

Logocool Optionsのアプリを開くと、「新しいOpstions+ベータ版を試す」というインフォメーションが右上に出るのだけれど、Windows10の32bit版を使っているPCの方はどうにも都合が悪いらしい。

インストールしようとすると、「このPCにはインストールできません」とか叱られる。

なお、Logecool Optionsの方も、Anywhere3の方と若干相性が悪い印象だ。何がどうかというのはもう少し検証してからにしたいのだが、Logecool Optionsがエラーを吐く状況である。いや、使えているんだけども。

コメント

タイトルとURLをコピーしました