DIY木工用のお役立ちアイテム、電動トリマー

DIYツール

DIY用電動工具についてシリーズ化してきたが、今回はこれまで紹介してきた電動工具の中では優先順位の低い第4弾である。「電動トリマー」がどんな工具か口で説明するのはちょっとハードルが高いので、動画を1つ紹介したい。

纏まった動画ではあるが、これだとトリマーの働きが実感しにくいので、もう1つ紹介する。

加工の時の音まで入っているので、紹介するには良いね!

スポンサーリンク
カテゴリ別人気記事
<カテゴリ別人気記事>

電動トリマーは必須工具ではないが

トリマー工具の働き

電動トリマーのどれがイイかという話をする前に、そもそも電動トリマーは何をする工具かという話を少ししなければならないだろう。

例えば電動ドリルであれば、手動のドリルが。丸ノコであればノコギリがそれに該当するのだが、電動トリマーの場合は、該当する手工具を思いつかない。敢えて言えばノミだが……。

いや、ちょっと違うか。カンナの方が近いかも知れない。

ザックリ言えば、基本的に電動トリマーは面取りをする機械である。こんな感じの面取りが可能になるね。

ビットを変えることで飾り面取りが可能に

ちなみに、トリマービットを交換することで、飾り面取りができる様になる。

セットになっている製品は色々あるが、刃の切れ味など、色々な面でトラブルになる事も考えられるので、個人的にはセットで買うよりは単品購入をお勧めしたい。

こんな感じで色々な形状に面取りが出来るのは魅力的ではあるんだけど、パワーの関係でトリマービットを手に入れたからと言って、狙い通りの加工が出来るとは限らないからね。

ただ、スタンダードなセットを購入するのはありかもしれない。

板継ぎが出来るアイテム

そして、飾り面取りだけではなく、電動トリマーの「溝を切る」という機能に着目して、これを板継ぎに利用するということもできるアイテムも用意されている。

これが結構面白いアイテムで、こんな感じの使い方が出来るようだ。

他にもこんなアイテムが。

実に面白い。

今のところ、板継ぎが出来るビットは僕は持ってはいないんだけどね。

オススメのメーカー

そんな訳で、「電動トリマーを持っているとDIYの幅が広がるよー」と言うことは、何となく分かって頂けたと思う。

ここで重要なのは、既に紹介している電動ドリルやインパクトドリルなどのように必須アイテムという位置づけではないし、電動丸ノコのように作業効率が上がるというシロモノでも無い。使わない人は全く使わないアイテムなのである。

正直、面取りだけならカンナが1本あれば、もっとお手軽に面取りが出来てしまうのだ。

電動トリマーでの面取りは、表面の美しさこそあれど、電動トリマーは使えば五月蠅いし、切りくずは大量に出るし、ちょっと出番はないかなーという感じになる。

ありがたいと思えるのは、丸面取りなどのちょっと特殊な面取りを行うケースであり、出来上がったアイテムの飾り付けというような目的で使う事が多い。なお、板継ぎの機能も、どちらかというとオマケ程度に考えた方が良いよ。

それを踏まえた上で、定番の電動トリマーを2つ紹介する。

チャック径6mmの2つ。

両方ともコードありの商品を紹介しているが、ケーブルで繋がっていると若干取り回しに問題がでる。でも、使ってみると分かると思うのだけれど、使う頻度が多くなければケーブルありで十分だ。

ちなみに僕が使っているのはこちら。

個人的にはボッシュの電動トリマーは、他と違ってアルミベースになっているので好きなのだが、切削面が見えにくいというデメリットもあるので、オススメ出来るかどうかは悩ましい。もう1つ、ケーブルが太くて取り回しがし難い印象があるのもデメリットかな。僕は好きなんだが。

使用頻度が多いなら充電式をオススメ

ちなみに、トリマーにも充電式のアイテムがあって、よく使う方にはオススメしたい。やっぱりコードレスというのは取り回しの面では強い。

そして、ハイコーキの方がハイパワーなので、バッテリーをお持ちであればオススメである。

電動ルーターもアリ

ガンガン削るならルーター

そして、電動トリマーに手を出した以上は考えるのが、電動ルーターである。

トリマーよりハイパワーなモーターを搭載した両手持ちのアイテムがルーターである。トリマーは面取りがメインだけれどもルーターは溝掘りの方に重きを置いたアイテムである。

この手のアリ溝を切る時には、とてもじゃないが電動トリマーでは対処出来ない。

実は、トリマーを使う場合、一度に削りとる量というのは精々数mmの設定にしなければならない。電動ルーターを使えばその辺りの作業効率が劇的に改善される。

一緒に使うべきアイテム

イヤーマフは用意したい

とまあ、こんな感じの、電動工具としては少しマニアック向けの電動トリマーと電動ルーターを紹介したわけだが、これらの工具を使うにあたって絶対に必要なアイテムがある。

先ずは、こちら。

耳栓でも良いのだが、とにかくトリマーにしろルーターにしろ五月蠅い。いや、削る機能のある電動工具は、例外なく五月蠅いので、耳を保護するアイテムを1つは持っておくべきだろう。

ゴーグルも必須

そして、目を守るためにゴーグルも用意しておく。

安いアイテムもあるのだけれど、長時間作業に向かないので、少し良い奴を買っておこう。

防塵マスクも

更に、防塵マスクだ。

使い捨てアイテムは結構息苦しいので、ちょっとお高くて、付けるのを躊躇する程度にゴッツいアイテムでも、取り替え式の防塵マスクを使うと良いかなと思う。

というわけで、粉塵のでやすい電動トリマーや電動ルーターを使うのであれば、メガネ+イヤーマフ+防塵マスクは絶対に用意すべきであると思う。

と、そんな面倒臭いアイテムではあるんだけど、絶対に面白い。使っている自分でいうのもなんだけど、是非とも買って欲しいアイテムだ。

僕の使い方

ちなみに、だが、僕がどんな使い方をしているかというとこちら。

自分で作った画像を乗せれば良いのだけれど、分かり易い絵があったので紹介しておきたい。

木材の接合方法の「大入れつぎ」の方法。 | Lifeなび
木材の接合方法の中の「大入れつぎ」をご紹介します。大入(おおいれ)つぎは、追入(おいいれ)つぎとも呼ばれ、一方の板の側面にミゾを掘り、もう片方の板の木口を側面に差し込んで接合する方法です。

「大入れ継ぎ」という使い方で、これを使った棚を幾つか作っている。

こんな感じに組み付けられ、僕はコースレッドで留めているけれども、木工用ボンドを使って組み付けても、外れてしまうことはない。片胴付き大入れ継ぎにすると美しくなるんだろうけれど、そこまではトライしていないんだよねぇ。

こんな感じで組めると見た目が美しくなるので素晴らしいと思うんだけど、大入れ継ぎでも十分に強度が出て美しいのでオススメである。

こういった溝を切る場合、やはりノミや溝切りカンナのような工具を使うのは素人にとってハードルが高いから、電動トリマーを「買って良かった」という事になるんだよね。

後は、木口の仕上げ加工に使っておくと、ノコギリで上手く切れなくても、組付けが上手いこと行くので、良いかなと思う。まあ、何れにしても手間はかかるんだけど、手間を惜しむと美しさに欠ける結果になってしまうから、そこは頑張るべきだと思う。

コメント

  1. 中国による尖閣侵攻危機と、憲法改正の必要性を知って下さい

    書込み大変失礼致します。
    皆様にこの度どうか知って頂きたい事があり、誠に恐縮ですが書込ませて頂きました。

    テレビが大きく報じぬ中、連日尖閣奪取を狙う、中国の日本領海侵犯が激しさを増す現状を、中国に侵略虐殺を受けるウイグル等と重ね、どうか多くの方に知って頂きたいです。

    かつて9条の様に非武装中立を宣言し、平和的で軍事力の弱かったチベット等は、中国に武力で侵略虐殺され、その覇権拡大は現在進行形で行われています。

    韓国が日本の竹島を不法占拠した際、多くの船員が機関銃で襲撃され死傷し、北朝鮮には国民を拉致され、
    尖閣には中国艦艇が侵犯する現状でも、9条により日本は国を守る為の手出しが何一つ出来ません。

    中国等の数百発の核ミサイル標準は常時日本に向けられており、尖閣、台湾周辺の動きも激化する中、9条を改正し自立した戦力を持たなければ、
    有事の際、敵基地攻撃能力を持たぬ現状防衛力では、日本人の命と領土は守れません。

    中韓による侵略は、メディアや野党が法制化を目指す、外国人参政権や夫婦別姓等からも始まっており、
    外国人参政権はアメリカ始め世界でも認める国は少なく、

    ハワイは米国に外国人参政権を与え乗っ取られ、ウクライナのクリミア半島も住民投票を行った体でロシアに帰属しました。

    又夫婦別姓等も元々は中韓の制度であり、地位の低い女性は夫の姓を名乗らせないという、女性蔑視の歴史的背景によります。

    この夫婦別姓は最終的に戸籍廃止を目的としており 、戸籍により追跡発見が出来た
    背乗りやスパイ等の犯罪も、これを無くす事で不都合な出自隠蔽も容易となります。

    中韓に軸足がある野党やメディアが、制度の危険性を隠し国民を誘導する現状からも、既に浸透工作は最終段階である事、
    日本でウイグルの悲劇を生まない為に、一人でも多くの方に目覚めて頂きたいと切に思い貼らせて頂きます。
    https://pachitou.com
    長文、大変申し訳ありません。

    • 何度も同じ文面のコメントを頂いて恐縮です。
      本サイトはアフィリエイト用のサイトとして位置づけていまして、この手の話題は別館の方にお越し頂けると大変ありがたいです。
      https://annex2.site/
      宜しくお願いします。

タイトルとURLをコピーしました