「お問い合わせ先」をContact Form 7で作る

ブログ作成

企業のサイトには必ず「お問い合わせ」というところがあって、サイト管理者にメールを送ることができるようになっている。もちろんメールのリンクを貼っておけば問題ないのだが、不特定多数の人にメールを開示することに抵抗がある人もいるわけで。

そんなわけで、コンタクトフォームというのを置くのが定番ということになっている。

これ、アドセンスなどの審査にも影響する等と言われており、サイトの信用性を高める意味でも重要である。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Contact Form 7を利用する

プラグインで解決

実は既に入れてあるJetPackでもコンタクトフォームを実装しているようなのだが、今回は新たなプラグインを入れていくことにする。

「プラグイン」>「新規追加」と進んで、「Contact Form」と検索してみよう。

するとこんな感じの画面が出てくるので、「Contact Form 7」をインストールして有効化しよう。

Cocoonテーマとあわせて使用するのにお勧めなプラグインまとめ
WordpressテーマCocoonは、ある程度自前でサイト運営に必要な機能を備えています。ただ、すべての機能を同梱するわけにはいかないので、この記事で紹介するプラグインで機能を補完することで更にサイト運営能力を高めることができます。

Cocoonの開発者もオススメしている、結構使いやすいプラグインだと思う。でも、プラグインを減らしたい人はJetPackを使っているのであれば、そちらを採用する手もあるだろう。

僕が採用を決めた理由は1つだけ。「Contact Form 7」は実にシンプルで分かり易いのである。

お問い合わせを作る

さて、この「Contact Form 7」はどうやって使うのか?というと、新しい固定ページを作って、そこにコンタクトフォームを貼り付けるのである。コンタクトフォームからの入力で、登録したメールアドレスにメールが飛んでくる仕組みなんだね。

ご託はさておき、取りあえず始めていこう。

プラグインを有効化すると、「お問い合わせ」という項目が増えるので、ここの「新規追加」を選ぼう。

ここでコンタクトフォームを作る。

「新規追加」を選ぶと、フォームを作る画面が出てくるので、タイトルを決めよう。僕は「お問い合わせ」という風にした。

それだけでショートコードが生成されるので、これをコピーしよう。

固定ページを作ろう

次に「固定ページ」を作る。

こちらも「固定ページ」>「新規追加」を選んでいき、新しい固定ページを作る。

「固定ページ」がコンタクトフォームになる。

固定ページの作り方は詳しく説明しないが「新規追加」で、こんな感じのページを作ればOKだ。

適当な場所に先ほどコピーしたショートコードを貼り付ければ完成だ。お手軽!簡単!

メニューに貼った

さて、この固定ページの入口をどこかに作れば完成なのだけれど、パターンとしてはいくつかあると思う。

1つはメニューバーに貼り付けるという方法だ。メニューに貼る方法は比較的簡単で、僕もこの手法を使った。

次に、ヘッダーやフッターにボタンのようなものを配置する。

後は、ウィジェットに貼り付けるなんていう方法もあるのだけれど、これはちょっと微妙かな?と思っている。ボタン形式で貼り付けられれば良いんだけど。

そんなわけでメニューに貼っていくことにする。

まずは「投稿」>「カテゴリー」と進んで、「お問い合わせ」という項目を作ってしまおう。項目の名前は何だって良いんだけれど。

次に「外観」>「メニュー」と進んで、メニューバーに「固定ページ」の中にある「お問い合わせ」を選んで貼ってあげよう。

こんな感じで「メニューに追加」としてあげれば、メニューバーに追加されることになる。

こんな感じだね。

自動返信メールの設定

さて、上の内容で一応の内容はカバーできるのだけれど、自動返信メールの設定はやっておいた方が良いだろう。

送信先は自由に設定して良いし、題名に関しても適当な名前に変えて問題なかろう。

ここでやっておくと良いのは、ちょっと下の方に進んで「メール(2)」とあるぶぶんだ。ここにチェックを入れておこう。

これをチェックしておくと、メールを入力してくれた人に自動返信メールが送られることになる。返信メールのコメントを丁寧に書いておくと好感度は上がるかもしれない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました