武漢肺炎に関するデマを集めてみた

その他

マスクが手に入らないという悲しみを何かにぶつけるために、武漢肺炎:新型コロナウイルスに関するデマを集めてみた。僕の独断と偏見によるものなので、参考になるかは分からないのだけれど。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

品薄に繋がるデマ

トイレットペーパー、ティッシュペーパーがなくなる!!

実際に品薄になっているトイレットペーパーやティッシュペーパーだが、流通に関する問題で品薄になっているだけである。

高価な商品もあるので一概には言えないが、ドラッグストアなどで12ロールで300円~400円とかいう値段設定が日常的な価格だと思う。

なお、品薄である事実はあるが、メーカーの倉庫には山ほど残っている。噂では、「made in Chainaなので、品薄になる!」ということらしい。

おかげさまで花粉症の僕は絶賛苦戦中である。

しかし……、トイレットペーパーやティッシュペーパーは原料を含めて日本産のものが殆どである。群集心理による買い占めが発生しているからこそ、この騒ぎになったと考えられ、数日内にこのばかばかしい状況は改善される。

手を出してはいけない。

武漢肺炎のウイルスは熱に弱い!お湯を飲め!

これもばかばかしい話である。

噂に寄れば、「25~26度程度の温度でウイルスが死滅するので、定期的にお湯を飲め」ということを言う人がいるようだ。

しかし、人体は36度程度の体温なのだから、それより低い温度で死滅するというのは、ちょっとあり得ない。

インフルエンザなど、ウイルス感染症全般に言えることなのだけれど、気温が高くなると活動が鈍くなる傾向にあるのは事実だ。過去に騒ぎになったSARSなども、気温が高くなると共に活動が収束した事実があり、ある種のウイルスが夏期に活動を活発化できない傾向があるのは事実だが、一方でMERSのように未だに散発的な感染が確認されるウイルスもいる。こればかりはウイルスによるとしか言えない。

ただ、「気温が上がったらウイルスの活動が低下する」という話と、お湯を飲めば大丈夫という話は無関係だ。

水分をきちんと取ることは大切だけれども、それがウイルスに対する効果があるとは言えない。感染したと感じたら、医療機関に相談することが大切なのである。

熱い風呂に入れ!

馬鹿言え!効果は無いよ!

噂に寄れば「熱いお風呂に入ると、ウイルスが死滅する」ということらしい。

これもハッキリした噂の出所は分からない。が、お風呂の温度はせいぜい40度が上限である。それ以上は体に負担が高いために入るべきではないとされる。サウナだと80度以上のところもあるのだが、蒸気に殺菌効果があることは実証されていない。

実際にウイルスを殺すには煮沸消毒が推奨されているが、流石に沸騰した風呂に入るのは直接命に関わるので止めるべきだろう。

そして、多くのお風呂は密室状態にあるところに入る為、むしろ感染リスクは高くなるだろうと思われる。

サウナに入って体調を整えることは意味があると、そうしている記事も見付けた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200214-00000013-nkgendai-hlth

ただ、これは「体調を整える」ことが大切であって、サウナに入ることを推奨している話ではないことに注意頂きたい。

ビタミンDが予防に効果あり!

ねーよ!ビタミンDに殺菌効果は無い。予防効果も無いよ。

サプリメントを適切にとることを否定するつもりはないけれども、ビタミンDが直接的な武漢肺炎の予防効果があるなんて話はデマである。

ビタミンDで丈夫な体づくり-かぜ・インフルエンザの発症予防にも-
ビタミンⅮには骨を丈夫にする働きのほか、免疫を調節する機能があり、かぜやインフルエンザ、気管支炎や肺炎などの感染症の発症・悪化の予防にも関与することが分かっています。意外と知られていないビタミンDの働きや上手な摂取方法を知り、かぜなどを予防しましょう。
【検証】ビタミンDは新型コロナウイルスから身を守ってくれる、はかなり怪しい|五本木クリニック院長ブログ
新型コロナウイルスの世界的流行によって様々な予防方法が提案されています。しかし、医学的に根拠があるとは言い難い予防方法も世界規模で出回っています。例えばビタミン剤、なかでもビタミンDは風邪を予防したとの医学論文もあるために、新型コロナウイルス感染予防効果を期待している医師もいます。しかし、厳密に新型コロナウイルス感染予...

上に紹介した記事は、ビタミンDに免疫力向上の効果があるという内容で、その下に紹介した記事は、ビタミンDの免疫力向上効果は怪しいという内容だ。

どちらを信用するかはお任せするが、そもそもビタミンなどの栄養素はバランス良く摂取してこそ効果がある。逆に、必要な栄養素を摂取しないと他の栄養素をせっかく摂取しても意味がないという実験結果も報告されている。

もし、ビタミン剤を飲みたいのであれば、マルチビタミンがオススメである。

アオサに効果あり!

無いから!

海老蔵「熱い風呂」・中部大「アオサ」情報を識者否定 新型コロナめぐり怪情報

2020/2/26 20:12

~~略~~

   中部大は20日、「海藻の『あおさ』にヒトコロナウイルス増殖抑制効果を確認 ─新型コロナウイルスでの効果にも期待」との研究データを発表した。

   研究は、同大の河原敏男教授(生命健康科学部)、林京子客員教授(工学研究科)とともに、アオサから抽出したラムナン硫酸を使った健康食品を販売する「江南化工」、ラムナンを研究する「ラムナン研究所」が関わる。林氏はラムナン研究所の学術委員も務める。

「J-CAST」より

中部大学の研究結果を否定するつもりはないが、これはデマだ

何故か?現時点で中部大学が武漢肺炎を引き起こすウイルスを入手したという情報は皆無で、加えて現時点で中部大学のサイトからこの論文の情報は削除されている。

つまり、実証生が疑わしい以前に、大学としてこの情報を開示することは不適当であると判断したと言うことである。

あおさを食べることそのものは、健康にとって良い話ではあろうが、武漢肺炎予防に直接繋がらないことは理解しておくべきだろう。むしろ、あおさばかり食べていると不健康になる可能性も否定できない。

上にも書いたが必要な栄養素はバランス良く摂取する。それが大原則なのである。

悪質な風評被害

さて、こうしたデマのうち「○○が予防に効果がある」という話は、未だ可愛げがある。しかし、ちょっと笑えないデマもあるので、そこは十分に注意頂きたい。

「店にコロナ感染者」 七尾でデマ 食料品店 対応に苦慮

新型コロナウイルスの感染拡大で、七尾市でデマ情報が広がっている。食料品店「中島ストアー」(七尾市矢田新町)には「県内の感染者と関係があり、店も危ない」などと根拠のないうわさが流れ、対応に苦慮している。相談役の中島昌伸さん(73)は「事実なら店も営業できないはず。間違った情報が広がり、利益に響きそう」と不安を漏らす。

「中日新聞」より

このニュースでは「実害は確認されていない」とのことである。

しかし……、ライバル店がデマを流したのか、別の理由なのか。酷い話である。未確認情報を確定情報であるかのようにデマを流すのは止めて欲しい。

この手の情報のうち最も質が悪いのは、「善意によるデマ」である。

本人にとっては「あそこの店は感染者が出たらしいから止めた方が良いよ」と、友達が感染するのを防ぐようなつもりで「情報を教えてあげた」のかもしれない。

だが、その情報、裏取ったの?と。噂話をする前に、思い止まって欲しい。

俺にカレーを食わせろ♪

さて、そろそろ噂としても怪しい領域に突入してきた。

殆どの人は信じていないと思うが、これはこれで興味深い噂だった。「インド人の感染が少ないのはカレーを食べているからだ!」という。カレー万能論だな!

日本印度化計画

新品価格
¥250から
(2020/3/2 15:42時点)

とはいえ、美味しいカレーを食べて健康を保つ!というのはなかなか魅力的である。

そう、日本を印度にしてしまえ!

え?古い?お後がよろしいようで。

コメント

タイトルとURLをコピーしました