超初心者によるリールのメンテナンスの話

アイテム

最近、釣りブログなんじゃないか?という程、釣り関係の記事が多くなってしまっている。

むすこ君
むすこ君

段々アイテムも増えてきたもんねー

木霊
木霊

うんまあ、安物ばかりだけどね

そう、釣りが「趣味」と言えるほどやれているわけじゃ無いんだけど、アイテムは増えてきてしまった。そして、道具には意外と精密な構造のものもあるんだよね。その代表格がリールである。

スポンサーリンク
カテゴリ別人気記事
<カテゴリ別人気記事>
スポンサーリンク

リールはお手入れが必要

スピニングリールとベイトリール

僕は知らなかったのだが、リールには種類がある。大雑把に3種類あるらしいのだけれど、よく見かけるのは2つ。スピニングリールとベイトリールだ。

スピニングリール

一般的なリールのイメージはコチラで、ピンからキリまでラインナップされている。

もっと安価なアイテムもあるのだけれど、最初にスピニングリールを買うのであればシマノかダイワのリールを買うと良いとアドバイスするサイトが多かった。

まあ、釣り具では老舗のメーカーと言えるので、入門機としては悪く無いチョイスだと思う。

スピニングリールというリールの特徴は、ラインをスプールに直角に巻き取っていく構造を採用したリールで、フリーの状態でラインを放出することができる。

ベイトリール

スピニングリールとは構造の違うリールがこのベイトリールだ。

見れば分かるが、どう違うかというとラインをスプールに真っ直ぐ巻き取っていく構造を採用したリールで、構造上巻き上げる力をスピニングリールよりも強くでき、より太いラインに対応することができる。とはいえ、僕は当面ライトゲームと呼ばれる釣りしかやる積もりが無いので、あまりその辺りはメリットにならない。

ただ、ベイトリールは構造が単純なので、スピニングリールよりも丈夫で長持ちする傾向にある様だ。ただ、扱いに癖があるので初心者向きではないらしい。

構造上、バックラッシュと呼ばれるトラブルが発生しやすいようだ。

スピンキャストリール

さて、上の2つの他にもちょっと変わったリールが存在する。例えばスピンキャストリールである。

スピニングリールとベイトリールの良いところ取り、ということらしい。詳しくは分からないし、しばらく使う予定もないのでスルーで行こう。結構良いアイテムらしく、外国では主流になりつつあるらしいのだけれど。

リールのメンテナンスをしよう

さて、リールは精密な構造をした道具である。海釣りに使えば、当然、中に使っている歯車などが痛んでくるので、メンテナンスが必要である。とはいえ、安いリールを一生懸命メンテナンスするのもテンションが上がらない話。簡単にメンテナンスしておくという意識で続けるのがイイと思う。

推奨されているメンテナンスの方法は……。

  1. 水洗いをする(冷水のシャワーをリールの上から弱くかけて、塩分を落としてやる)
  2. タオルなどで丁寧に水分を取り除く(細かい部分に水が入り込むので、丁寧に拭こう)この時、ドラグを緩めてスプールを外して乾かそう
  3. 風通しの良い日陰で乾燥させる
  4. 外部の可動パーツに注油する

とまあ、こんな流れだ。

注油に使うのは、純正のグリスが良さそうである。

純正でなくても良いとは思うけれど、純正が推奨されているので敢えて他メーカーを選ぶ必要は無いだろう。

あと、日常メンテナンスではできないオーバーホールも推奨されている。動きがおかしくなったら考えても良いかも知れない。

修理・オーバーホール・パーツのご案内| シマノカスタマーセンター | SHIMANO
シマノ製品を釣具店やネット通販でご購入いただいたお客様、最近釣りをスタートされたビギナーズのお客様からいつもご愛顧いただいておりますお客様へ修理やオーバーホール、パーツ注文に関するご案内です。修理・オーバーホール、パーツの注文を依頼する前にご確認ください。

……ただ、数万円のリールならともかく、数千円のアイテムにどこまでオーバーホールをするのか?という点は悩ましい。パーツの耐久性が低い事もあって、長い事使えると言うわけでは無いのだ。リールも大切に使えば何年も使えるが、それでもオーバーホールする頃には新しい優れたアイテムが出ている事もある。愛着を持った道具ならオーバーホールに出すべきだが、ある程度の割り切りは必要だろう。

優れたアイテムは長く使いたいけれど。

コメント

タイトルとURLをコピーしました