猫が網戸から外に!網戸ストッパーを使おう

猫日記

さてさて、雨が降る日が続いているのだけれど、猫たちは外に出る機会を常にうかがっている始末である。困った話だね!

そんな訳で、取り敢えずこんなアイテムを取り付けてみた。

もう、半年くらいになるんだけど。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

網戸ストッパーと使用上の注意

使い方は簡単

色々に多様なアイテムがあるのだけれど、どの商品も非常に簡単な構造になっている。

例えばこの商品なのだが、こんな風に使う。

「施錠時」とある方を見て頂くと分かるのだが、手前の板が凸形になるので、この部分が窓のサッシに引っかかって開けられなくなるという簡単な構造である。

文章で表現するよりも、絵で示した方が分かり易いね。

粘着テープで固定

ただ、構造的に網戸のサッシ部分に粘着テープで貼り付ける構造になっているので、その辺りが禍することもある。

取り付け方は非常に簡単なのだけれど、結局は粘着テープの粘着力に頼ることになる。これが、何度も力を受けるうちに剥がれてしまうなんてことも……。実際に、半年くらいで、ある日ぽろっと剥がれてきてしまった。

製品の裏側には結構しっかりした両面テープが用意されているのではあるが、必要に応じて別の者に貼り替えることをオススメしたい。

ただ……、商品によっては一度貼り付けるとちょっとやそっとでは剥がせなくなるような強力な商品もあるので要注意だ。

接着面はキレイに!!

ちなみに、説明書にもしっかりと書かれているが、貼り付けるときにはしっかりと接着面をキレイにすることをオススメする。中性洗剤などを使って表面をキレイに拭き取った後、完全に乾燥させよう。

その上で両面テープを使って貼り付けて欲しい。

案外、網戸のサッシの表面には細かな埃や砂が付いているので、何もせずに貼り付けるといきなり剥がれ落ちるなんて結果になってしまう。

妻

これ、くっつかなーい!

木霊
木霊

うんまあ、当たり前なんだ

実際に妻がやったが……、僕自身も1回やってしまっている。内緒だが。

粘着力は落ちていく

ちなみに、キレイに貼れば結構長持ちする網戸ストッパーだが、やっぱり両面テープの粘着力次第のところがあるので、剥がれてしまうことはある様だ。

特に網戸は窓の外側にあるので、夏の暑さや冬の寒さ、そして風雨に耐えることになる為、定期的に両面テープの交換が必要だということは理解しておいた方が良いだろう。祖父母の家でも似たようなアイテムを使っていて、「剥がれた事は無い」ということを言っていたので、もしかしたら使用環境が良ければ剥がれないのかも知れない。

だが、我が家で使っていたヤツは早いヤツは半年で剥がれ落ちてしまった。

そういう事もある、ということは頭に入れて置いた方が良いだろう。

変形することがある

あと、網戸ストッパーは華奢なプレートを使っていることもあって、強い力がかかると変形してしまうことがあるのでご注意願いたい。

力任せに網戸を開けるなんてことが可能な様で、取り付ける一が拙かったこともあってか変形させてしまったこともある。

変形してしまうと、扉を閉めることも難しくなってしまう。無理に力をかけないように気をつけたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました