毎日の料理が楽しくなるアイテム、ハンドブレンダー

キッチン家電

以前もこのブログで取り上げたお手軽調理器具の「ハンドブレンダー」だが、未だに毎日のように使用している。妻だけでなく、僕自身も好んで使っている。

基本的な性能に関しては紹介した記事で触れているのでその辺りは今回は割愛して、利用方法について触れていきたいと思う。

スポンサーリンク
カテゴリ別人気記事
<カテゴリ別人気記事>

スムージーを作るのにお手軽

基本セットでできるスムージー

我が家で使っているのは、ブラウン製のハンドブレンダーだ。

ハンドブレンダーと言えば、有名ドコロはアメリカのクイジナートと、スイスのバーミックスだろう。

[

クイジナートは、クイジナート社製のマルチハンドブレンダーのことで会社名であり、バーミックスは、チェリーテラス社製のバーミックスという商品名のことなのでちょっと正確ではないが、何れも老舗である。

ただ、使い勝手の面から言っても、僕はドイツのブラウン社製ハンドブレンダーをオススメしたい。我が家でも長らく使っていて、既に3代目だ。

何が優れているか?というと、清潔感のあるステンレスシャフトと、飛び散りにくいブレードの設計だ。

既に多くの類似メーカーがあるので差別化は難しいのだが、モーターのトルクや静音の面でも、ブラウン製は優れていると思う。

この手の商品は内蔵するモーターの性能が命なので、小型モーターの製造に定評のあるブラウンには、未だ一日の長があると思って良いだろう。

そんなわけで、我が家で夏場に最も使われる用途が、スムージー作りである。単に牛乳に果物を入れて混ぜるだけで出来上がるので、お手軽簡単である。

ミキサー・ジューサーも良いけれど

スムージー作りといえば、それを専門にしている機械もある。ミキサーやジューサーと呼ばれる機械だ。

こちらも「ブレンダー」と呼ばれるのでちょっとややこしいのだけれど、ジューサーの方は明らかに用途が違う。

ミキサーはジュース作りに向いているが、沢山ジュースを作りたいときに便利なアイテムだ。ジューサーは、果物から果汁を搾り出す用途で使われるので、ちょっとずつ目的が違う。なお、スロージューサーなるアイテムもあるのだが、個人的にはオススメしない。

韓国発のアイテムだから、と言う訳ではなく、単純に使いにくいのである。いや、ジュースを絞るのに時間がかかる上、洗う必要のある部品が沢山あっていちいち面倒なのだ。

少なくともお手軽にジュースを楽しむという用途には向かないので、優雅で時間のある人向けのアイテムだろう。

その点、ハンドブレンダーは洗う部品が少なくて助かる。

付属品でこんな透明の容器が付いてくるので、この中に、牛乳と果物を入れて、お好みで砂糖や蜂蜜を入れ、かき混ぜるだけでOKである。

洗う必要があるのは、容器とシャフトと呼ばれる金属製の部品のみ。

1~2人分作るのであれば、ミキサーよりもお手軽に出来上がる。

我が家は人数が多いので、お手軽さという意味では少々微妙な面はあるが……、まあ、その辺りは突っ込みを入れても仕方が無い。

ヴィシソワーズが作れる!

ジャガイモを使った冷製スープ

ヴィシソワーズという料理をご存じだろうか?

個人的には「美味い!」と喜ぶ類の料理ではないのだが、夏場に飲み易いスープである。ジャガイモとポロネギを使ったポタージュ状のスープで、ニューヨークで考案されたフランス料理だ。

おしゃれな飲み物だとは思うが。

で、何が言いたいかというと、ハンドブレンダーがあればこれがお手軽に出来るのである。作り方は、以下の手順だ。

  1. じゃがいもの皮をむく。芽も取り除こう。
  2. 玉ねぎの皮をむき、薄くスライスする(ポロネギを使うのが本式)
  3. 鍋に水とジャガイモ、玉ねぎ、コンソメキューブを入れて火にかけ、柔らかく煮る。
  4. フードプロセッサーで滑らかにして塩胡椒で調味して牛乳でのばす
  5. 冷蔵庫で冷やして完成

とまあこんな手順で作るのだが、2の手順の玉ねぎはハンドブレンダーで刻むことができるし、4の手順のフードプロセッサーにかけるところは、鍋に入れたままハンドブレンダーを突っ込んで潰して上げればOKである。

つまり、よりお手軽に作る事が可能になる。洗いものも減るしね。

野菜のポタージュスープも簡単

ちなみに、同様の手順で野菜のポタージュスープもできる。

正直、このハンドブレンダーに手を出した理由は、赤ちゃんの離乳食を作るのにお手軽だったからである。

STEP2:次のステップへ(生後7ヵ月~8ヵ月)
STEP-2:次のステップへ 生後7ヵ月〜8ヵ月のページです。ブラウンハウスホールド公式サイト。

製品サイトでも紹介しているが、離乳食は一度に沢山できてしまうので冷凍させて保存という事が推奨されているのだけれど、沢山できても消費しきれない事が多い。

その点、ハンドブレンダーであれば少量の食事をピュレー状にするという作業に向いているので、実に便利なのだ。

同じ要領で、野菜のポタージュスープも作る事ができるのだが、今の時期ならカボチャのスープなんかも美味しいだろう。

この他にも工夫次第でイロイロ便利なのがハンドブレンダーなのだが、最近はコードレス製品も出ていてより使い勝手が良くなっている。ただ、コードレス化するとパワーダウンする傾向にあるというデメリットがあるので、一概にコードレスが良いよともオススメしにくい。

我が家では、コード付きのハンドブレンダーを愛用しているが、このコードの部分が断線して寿命を終えることが少なく無いのと、コードが硬いので取り回ししにくいところがネックなんだけど、この辺りは許容範囲だとは思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました