SSDコピースタンドがキタ!

PC関連製品

というわけで、買ってみたのだが。

え?何の話かって?コイツのことだよ。

記事で紹介しているコピースタンドだが、使用感については書かなかったので、今回は使用感メインで。

結論から書いておくとオススメである。

スポンサーリンク
カテゴリ別人気記事
<カテゴリ別人気記事>

とにかく楽なコピースタンド

挿してボタンを押すだけ

HHDからSDDに中身をクローンする為には、まずは、HDDをPCから取り出すことから始めなければならないのだけれど、ココで少し愚痴を。

会社で使っているPCだが、これまでは富士通製品を使っていた。ところが先日、富士通製品が手に入らなかったために、レノボ製品を買ったのだが……。

いや、レノボPCの性能が悪いという積もりは無いんだけど、メンテナンス性は最悪である。そもそもPCの蓋を開けてメンテナンスするという事を想定しなければ、そんなことはどっちでも良いのだろうけれど、残念ながら僕にはある。そして、蓋を開けてビックリ。10年前のPCでもこんな構造採用していなかったよ……。

これは、富士通やNECが過剰なのか、レノボがショボイのか。悩ましいところだが、何でこんな構造なんだろうなぁ。おそらくコストダウンを優先した結果なんだろうけど。

さておき、PCからHDDを外してしまえば、後は簡単だ。

はい、こんな外見である。

とにかく挿す

コピー元が奥の「A」、コピー先が手前の「B」になるように挿す。今回は、HDDからSSDにクローンを作成するので、こんな感じに。

はーい、電源を入れていない状態でコピースタンドにHDDやSSDを挿すようにしようね。こんな感じだ。

電源は、コードコネクターの配置されている背面にあるので、探せば直ぐ分かる。で、電源をONして、「CLONE」ボタンを5秒ほど長押しすると、青色LEDが点滅するので、もう一度「CLONE」ボタンを短く押す。

やることはそれだけだ。

そうすると、25%のランプが点滅し始める。100%まで点灯すればクローンが完成するのだけれど、そこそこ時間はかかる。ボタンを押して待つだけなので断然楽なんだけどね。500GBのHDDからSDDにクローニングするまでに2時間以上かかった。

ソフトウェアでクローニングする場合も、似たような作業で終わるといえば終わるんだけど、ソフトウェアはグローニングしたSSDを組み込むPCにインストールしておく必要があるので、使い終わったら消す必要が出てくる。

難しいことはないんだけど、面倒かな。

何より、コピースタンドがPCに依存せずに、コピースタンドだけでクローンが完結するのが素晴らしい。

一つ注意が必要なのは、A側の容量よりB側の容量が同じかより大きい必要があり、A側の容量が大きいとクローンができない仕様になっている点だ。

クローンしていない時は使えない?

ところでこのコピースタンド、クローニングの需要がない時にはただの箱と化す……、訳では無いのだ。

前の記事にも書いたけれども、一応、外部記憶装置の接続装置としても使えるんだけど、この機能は「そんなに使うか?」という気はする。

僕としては、まだ10台以上作業が残っているので、まさに買って良かったものとなったんだけど、この作業終わったら、何に使おう?とは、ちょっと考えちゃうよね。

恐らくは「裸族のお立ち台」的な使い方をするんだろうとは思うけど。

コメント

タイトルとURLをコピーしました