タブレットを車載テレビの代わりに

モバイルアイテム

車載テレビがあると何かと便利なのだが、新車購入の際に車載テレビをオプションで選ばないと、後から付けるというのはなかなか難しいという事情もある。

そんな理由もあって、我が家ではタブレットを「車載モニタ」として利用している。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

タブレットを利用しよう

タブレットの何が良いのか?

電話をかけるという意味では、スマホの方が優れているとは思う。だけど、スマホで幾ら高精細なディスプレイを使っていたとしても、小さい画面で文字を見るのは結構辛い。

そんな理由から、僕自身もタブレットを愛用している。が、車載用を前提とした場合には、少々大きなものを用意した方が良いだろう。

ダントツでオススメなのが、Amazonタブレットである「Fire HD 10」だ。車載するなら10インチは欲しいよね。

次点でオススメ出来るのはipadだ。

性能的にはFire HD 10よりもiPadの方が遙かに優れているのだが、値段やAmazonとの相性を考えると、Fire HD 10の方が良いだろう。

車載するには、ステーを用意しよう

で、これだけで車載できるかというと、そういうワケにもいかない。

そんな訳で、こんな感じのステーを用意しよう。

このアイテムはヘッドレストに取り付けるタイプのステーで、7インチから12インチまでのタブレットの取り付けに対応することができる。

類似の商品は色々あるのだけれど、僕はこれを2度ほど購入していて、それなりに信頼性は高いと思っている。

電源を用意しよう

ちなみに、車載テレビの代わりにタブレットを使うのであれば、シガーソケットから電力を取れる電源を用意しておくと良いよ。映画を見ている途中で電池が切れてしまうと、大変なことになるから(苦笑

カーインバーターなどと呼ばれる商品を用意しておくと便利だが、最近はUSBのコネクタが用意されている。これが案外使えるのだけれど、注意して欲しいのは高速充電には対応していないことが多いと言う事だ。

この辺りはあった方が便利かも知れない。

スピーカーも用意しよう

あとは、Bluetooth対応のスピーカーを用意しておきたい。

車載のスピーカーに繋げるのであれば、トランスミッターを用意するのもアリだと思うのだが、ナビとの兼ね合いがあってトランスミッターを使うのは悪手になる場合も多い。

Bluetooth対応のスピーカーであれば、タブレットに連携させてやれば良いので便利である。

もちろん、タブレットの音量を上げて映像を見るのもアリなのだが、案外車内が五月蠅くなることもあって、スピーカーを用意した方が幸せになれる。

ついでに言うと、ヘッドレストの後ろにタブレットが配置される関係で、タブレットから直接音を流すと、運転手の耳元近くで音が出ることになる。慣れればなんてことは無いかも知れないが、余りオススメはしない。

車に取り付ける

ステーを利用して取り付けよう

で、取り付けるとこんな感じになる。

これが結構邪魔になる事があるのだが、ステーの長さは調整が出来るので、使わない時は先端を取り外しておくことと、ステーを縮めておくようにしよう。

そうそう、電源を用意したらケーブルも用意しておこうね。

タブレットに動画をダウンロードしておこう

で、車でタブレットを利用するに当たって、やっておきたいことは、例えばAmazonプライムを利用しているのであれば、そこで映像をダウロードしておくことだ。

Googleプレイでも映画のレンタルはやっているので、どこでも良いのだが、とにかく車載しているタブレットで通信しながら映画を再生するというのは、割と馬鹿らしい。通信費がかかることも問題だが、むしろ、トンネルなどを通過したり、山間地を通過した際に電波状況が悪化することがあり、映画が途切れてしまったりするケースがあるのだ。

家のWiFi環境で映画をダウンロードして、車の中で見る。そういう使い方がイイと思うよ。

そんな訳で、色々と準備する必要のあるものはあるが、最低限、ステーとタブレットがあれば車載テレビを用意しなくても事足りる。

タブレットに映像をダウンロードするのは家の中で出来ることも結構嬉しい。最近の車載テレビは色々できる様になってきてはいるのだけれど、DVDを車の中に持ち込んだりすることを考えると、タブレットの方が良いのかなーなんて思ったりもする。

タブレットをお持ちの方は、ステーだけ買っておけば試すことが出来るので、是非やってみて欲しい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました