ファミリーキャンプにもっていくと便利なバーナー

クッキングアイテム

キャンプの用途に合わせて用意すると良いのがバーナーなのだが、今計画しているのはファミリーキャンプで、車で移動する前提だと多少荷物が増える事は許容できる。じゃあ、どんなのをもっていくと便利なの?というお話をちょっと考えてみたい。

妻

キャンプなら焚き火じゃないの?

木霊
木霊

うんまあ、そうなんだけどね。もっていれば便利なアイテムは色々あるんだ。

どこまで想定していくか、が問題なのである。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

もっていくと便利なガスコンロ?たち

風に弱いのが難点だけどあると便利なカセットコンロ

雨の日のキャンプというのは結構ハードルが高いのだけれど、風が強いときもなかなかシンドイ思いをするのである。

どれもソロキャンプで体験したことはあるけれど、ファミリーでとなると又話は違うんだろうね。

前回行ったキャンプで使ったアイテムは、焚き火台とトライポットの2点だった。割りと風もなく穏やかな日だったので、問題無く料理を終えることができたような気がする。食事は定番のカレーとトマト煮込み料理だった。凝ったものを作らないのがポイントだね。いや、どこに力点を置くかが問題なのかも知れないけれど。

焚き火台での料理はキャンプの醍醐味とはいえ、火をおこして料理をするとなると、色々と面倒な部分がある。特に朝食など手早く済ませたい場合には、この手のガスコンロなどがあると結構便利だ。

やっぱり火起こしには時間がかかるし、片付けなどにも手間がかかってしまう。直ぐにキャンプ場から撤収するようなタイミングでは、火起こしはちょっと……と、思う。そういう時にはカセットコンロが1つあると、何かと便利だ。

ただ、このカセットコンロ、風がある日は役に立たないことも……。

風対策のしてあるアイテムもあるので、余裕があれば手に入れておきたい。

このスノーピークのアイテムはなかなか人気があって狙ってはいるのだが、他のものも買いたいので要検討かな。コンパクトになる上に、耐風性能もそれなりにあるので、使い勝手は良さそうなんだけど。

雨が降るとまあ悲惨で、屋根のある施設でクッキングができれば幸せなんだけど、そうでなければなかなか……。潔く料理を諦めた方が幸せになれるかも知れない。

意外に便利だったIHコンロ

そうそう、友人が持ってきたアイテムなのだけれどIHコンロが実はかなり便利。

電源付きのテントサイトで容量が許せば、これ程便利なアイテムもない。

持ち運びに少々注意する必要はあるのだけれど、何しろ、火が出ないので風には強いし、安定製も抜群である。ついでに発熱しにくい構造なのでテント内で使う事だってできる。

まあ、電源の問題はついて回るのだけれど、こういうアイテムもあるので検討に値するかな?

こういうアイテムに頼ると段々キャンプ感が薄れていくので、嫌いな人もいるかも知れない。ただ、便利ではあるよね。雨の日テントの中でレトルトを温めて食べるくらいのことはやれるので、「アリ」だとは思う。

いざという時にはあっても便利かもしれない。一度ご検討してみたい。

ただ、注意が必要なのは1000WのIHコンロを持っていっても、火力的には少々足りないと感じるケースが多い印象だ。弱火で煮込む煮込み料理なんかには向いていると思うのだけれど、火力が必要な料理むきでは無い。それに、1000W使えるというのは結構ハードルが高いので、ポータブル電源などではフルパワーは無理だし、電池の能力によっては30分と保たないなんて事も。

その辺りは頭に入れておくと良いと思う。あくまでも補助的に使う事を前提にして持って行こう。

シングルバーナー

朝食の時に便利なアイテムがこちら。

実は、以前ホワイトガソリンを使うタイプのアイテムを持って居たのだけれど、意外に早くゴムパッキンが劣化してしまったお陰で使いも似にならなくなってしまったことがある。アレは便利だったんだけど、勉強不足でした。

ともあれ、ちょっとお湯を沸かしたいときなどにあると便利なんだけど、ファミリーキャンプなどにはあまり向いていない気がする。

ちょっとしたお湯を沸かす程度のアイテムで、これ1つあれば、小腹が空いたのでカップラーメンを作りたい!とか、珈琲を飲みたいとか、そんな時に気軽に火を付ける事ができる。あれば便利だが……。

正直、アルコールストーブみたいなアイテムでも十分なんだよね。

構造的に非常に単純なので、自作される方も結構多いアルコールストーブ。これでも結構十分という感じである。片付けも比較的簡単なのが嬉しいね。

まとめ

そんな訳で、ファミリーキャンプで持って行くべきガスコンロを考えてみたのだけれど、正直、今のところ決定だが「これだ」というほどのモノが無い。

敢えて言えばアルコールストーブを1つだけ用意してあれば、多少便利かも知れない。アレもコレももっていけないだけに、手元にあるアイテムで何とかするしかないというのがキャンプの醍醐味なので、アイテムを絞る必要はあるんだけど、ファミリーキャンプでお父さんが格好いいところを見せたいなら、事前に色々と準備してみることをオススメしたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました