DIY木工用必須級アイテム、クランプ

DIYツール

第5弾となったこのシリーズだが、今回は趣向を変えてちょっとお安いアイテムを紹介しておこう。

こんな感じのアイテムなのだけれども、DIYをやるにあたって「固定」というのは非常に大切な概念である。固定をして、切る。固定をして、ネジを締める。固定をして、接着剤をくっつける。何をするにしても「固定をする」ということは作業性をアップして、丁寧に仕上げることが可能となる重要なポイントだ。

スポンサーリンク
カテゴリ別人気記事
<カテゴリ別人気記事>

作業をする上で絶対に用意したい

クランプで固定

どんな感じでクランプするのかというと、こんな感じ。

コイツはクイッククランプと呼ばれる、ちょっと便利なアイテムで、グリップを握ることでクランプする事が可能である。

最近はこのタイプが多い気がする。

こんな感じで、レバー操作によって締め付けを行う事ができる。

レバー操作は直感的に分かるのだが、触ってみないと分かりにくい。

これで結構しっかり固定はできるのだけれど、僕は不安だった。

僕が使っているのはこのタイプ。

グリップをぐりぐりと回してネジを締めるのだが、強い力がかかる「気がする」ので好きなのだ。金属製なので、壊れにくいのも嬉しいね。確か、150mmと300mmくらいのやつを3セットづつくらい持っていたはず。

ただ、グリップタイプでもしっかり固定が出来るのと、着脱が楽に行えるメリットがあるので、結構良いように思う。ちょっと高いんだけど、複数揃える必要がある。最低3本かな。

デカいピンチ

ちなみに、併せて使っているアイテムがこちら。

まあ、感覚的には洗濯ばさみである。

使っている事例に、服を留めてあるのを紹介しているのがちょっとアレだけど、イメージは同じだという理解でイイと思う。なお、締め付け力が強いので、衣服に使うと痕が付く模様。

このアイテムも、板材同士を動かないようにしたり、板材に角材を留めておいたりするのに使う事ができる。挟むだけで使えるので便利だ。僕は10個くらい持っているが、同時に4~5個は使う事が多いので、出来るだけ数は揃えたいね。

万力も便利

この系統のアイテムで便利なのが万力なのだが、なかなか取り付けるスペースが用意できないところが悩ましい。

作業台が用意できれば、是非とも手にれておきたいアイテムだよ。

とにかく、作業をする上ではこれ1つあれば安定した加工が可能である。

作品を生み出す場所、作業台を手に入れよう!【サンプル図面あり】 | caDIY3Dオフィシャルサイト
DIYで何か加工や組み立てをしようとしたら、何かしらの「台」が必要になってきます。最初は椅子やダイニングテーブルなどで代用できるかもしれませんが、いくつか作品を作っていくとちゃんとした作業台が欲しくなってきます。

スペースがあるのなら、作業台を是非とも作りたい。そして、万力やクランプを使って加工する材料を固定してあげることで、作業が捗るのである。

簡易台とクランプ

ただ、DIYを始めようという人が、いきなり作業台を設置して家族に怒られるのは目に見えている。

だから、簡易の作業台を作って、これとクランプを利用して作業するのがオススメである。

色々な作業台を作った事例がネットに紹介されているのだが、ここなんかは小さくて使いやすいアイテムになると思う。

普段はベンチとしても使える作業台の作り方。
ベンチ兼作業台をツーバイ材で作った話。材料の取り方から組み立て方法まで丁寧に解説。

2×4で作る事が出来るというのもオススメポイントだ。サイズ感などは自分の好みに合わせて変えるといいだろう。ちなみに僕が作るとしたらこんな感じにすると思う。

理由は……、実際作ったらまた説明したいと思う。ともあれ、この手の台とクランプがあれば、作業は随分捗る。是非とも最初のアイテムとして作ってみた欲しい。

ポニークランプ

ああそうそう、忘れてはいけないアイテムがあった。

これ、ポニークランプという大物を固定する為のクランプである。

これは多分、板継ぎをしている絵だと思うのだけれど、単管と呼ばれるパイプを利用したクランプで、大物を締め込むときには絶対必要になる。

DIYに嵌まっていくと、多分これが必要に。最低限2セットくらいあると良いよね。2つで1セットと考えて2セット、つまり4つだ。必要な理由は使ってみれば分かる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました